創業融資は専門家に頼むのが賢明です

美容室の開業は店舗の内装工事や美容機器など多額の初期投資が必要になり、1,000万円ほどの資金が必要になることが多いです。
これを自己資金で全額用意するのはハードルが高いので、通常は融資を受けることになるのですが、ここでつまずく方が多くいらっしゃいます。

創業融資は、実質的に日本政策金融公庫か制度融資(札幌市・北海道)の二択になりますが、
いずれの融資についても事業計画書を作成する必要があり、ある程度の専門知識が必要になります。
お金を貸す立場から考えると、事業計画で数字の辻褄があっていなかったり、誠意が見えない事業計画書だと、「この人に融資をして大丈夫かな」となってしまい、結果として融資がおりないことになりかねません。

もしも1度目の融資がおりなかった場合、2度目の申請も通りにくくなってしまい、スタート時点で大きくつまずいてしまうことになります。
実際、公庫の担当者の話では融資申請者のうち半分以上の方が通らないとのことです。

弊社では日本政策金融公庫や各地域金融機関と連携しており、理美容室の融資申請のポイントを抑えた事業計画を作成しますので、融資の成功確率を高めることが可能です。

融資の可能性を見てみましょう!

1.美容業での勤務経験が2年以上ある

勤務経験が短いと融資の判断ではマイナス要素になります。

2.過去5年以内に破産などの債務整理をしたことがない

債務整理をしていると開業時の融資は非常に難しいものになります。

3.自己資金(自分の貯金と親族からもらえるお金の合計)が200万円以上ある

金額はもちろん、金融機関は自己資金の「中身」を見ています。少しずつでも自分で貯めたものは評価が高く、その過程を通帳で確認します。一時的に集めたいわゆる見せ金はすぐにバレます。

上記がすべてYESの場合、融資に通る可能性が高いです!

あとは弊社が事業計画書を作成し、低金利、無担保・無保証人の融資をご紹介いたします。
創業前の期間は経営者にとって非常に大事な時間です。
慣れない融資申請は専門家に任せ、店舗の内装のことや開業後の集客のことに時間を使っていただきたいと思います。

また、助成金や補助金もワンストップでご提案できます。
札幌市で美容室の創業融資ならFUJITA税理士法人までご相談ください。