理美容業で始める節税対策!⑥ ~社員研修費~

皆さんは社員研修費を活用していますか?スキルアップのための社員研修費は必要経費にあたるので、従業員のスキルアップにつながるだけではなく、節税にもつながります。

研修費とは「業務に直絶必要な技能または知識の習得や研修などに要する費用」を言いますので、例えば

・カットやカラーのセミナー受講料
・情報収集のための書籍や専門誌代

などがあります。

 

技術研究のために他店でカラーやカットの施術を受けた、なども経費として認められますが、単にプライベートでサロンに行ったと思われないようにするために、写真やレポートなどを作成して残しておくことが大切です。

この費用の処理は、セミナーなどの受講料は「採用教育費」、知識習得のための書籍代や専門誌代は「新聞図書費」に該当しますので、いずれかで処理するようにしましょう。

これらの研修費はあくまでも「業務に直接必要なもの」に限られますので、十分に注意して経費になるか検討しながら活用していくようにしましょう。

関連記事

  1. 節税対策 開業費の償却 トップ画像

    理美容業で始める節税対策!② ~開業費の償却~

  2. ネイルサロンの確定申告・節税のポイント

  3. 理美容業で始める節税対策!③ ~年末に節税になる支出~

  4. 理美容業で始める節税対策!⑤ ~損害保険~

  5. エステサロンの節税ポイント

  6. 福利厚生費を考える ~健康診断の費用~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

instagram - サロンノテビキ –

PAGE TOP