個人 節税

【2021年】ふるさと納税 年内にお忘れなく!

11月に入り、2021年の控除対象となる、ふるさと納税の申込期限もあと2か月となりました。寄付限度額が残っている方はふるさと納税をしないともったいないので、是非ご検討ください!●ふるさと納税とは「納税」という言葉がついていますが、実際には都道府県・市区町村への

個人 法人 節税 経営

インボイス制度による美容業の業務委託への影響vol.1 - 美容室オーナー視点 -

消費税10%の引き上げにともなって、新たに2023年10月から導入される「インボイス制度」、美容室オーナーや、業務委託として美容業をされているフリーランスの方は特に、一度は耳にしたことはあるかと思います。1)美容業のオーナーの立場から見たインボイス制度のポイント2)業

個人 節税 経営

令和2年分確定申告の変更点

新年あけましておめでとうございます。令和2年が過ぎ、個人事業主の方にとっては新年度が始まりましたね。令和元年分の確定申告は新型コロナウイルスの影響で申告期限が延長されましたが、令和2年分の確定申告の提出期間は、2021年(令和3年)2月16日(火)~3月15日(月

個人 節税

ふるさと納税の控除を受けるには?

11月19日にふるさと納税の限度額についてのブログを書きましたが、今回はふるさと納税の「控除を受けるためのフロー」をお伝えします!控除を受けるためにはどうすれば?原則として、ふるさと納税を行った翌年に確定申告を行う必要があります。 送付されてくる控除証

個人 節税 経営

【年末節税】家賃や保険料の1年分前払いは支払った年の経費なるの?(短期前払費用の特例)

美容室・エステサロン等の経営をされている方のうち、お店が自宅の一部ではなく、テナントを借りて毎月家賃を支払っている方も多いと思われます。家賃の場合は「前家賃」が一般的です。つまり12月下旬に支払う家賃は、翌年1月分の家賃なことがほとんどです。個人の確定申告の場合、この

個人 節税

まだ間に合う!ふるさと納税

メディアでも良く取り上げられ、認知度はかなり高くなったふるさと納税ですが、その利用率は未だ低い状態です。ふるさと納税を実際に行い控除適用が行われた人の数は2019年は406万人(※1)でした。ふるさと納税の適用控除=ふるさと納税をした人と置きかえれます。個人住民税

法人 節税 経営

消費税届出関係 新型コロナ影響で進行年度の変更も可能

新型コロナ税特法のひとつに、消費税の課税選択の変更に係る特例があります。消費税の課税事業者を選択する(又はやめる)にあたっては、原則として、その課税期間の開始前に届出書を提出する必要がありますが、今般の新型コロナウイルス感染症の影響を受けている事業者につき、一定要件に該当する

法人 節税 経営

新型コロナウイルスによる納付期限延長、源泉所得税も対象

新型コロナウイルス感染症の影響による法人税や所得税の申告・納付期限の延長が可能となっていますが、毎月(特例適用の場合は半年毎)に発生する源泉所得税の納付についても納付期限の延長は可能となっています。事前に申請等を提出する必要はなく、納付書の摘要欄に「新型コロナウイルスによ